最新記事
いただいたコメント
過去の記事(月別一覧)
時計
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

認定NPO芝生スクール京都のブログ

芝生スクール京都の最近の活動状況などを紹介しています。
春の更新作業(OS)を行っています(2)
0

    今世界を騒がせている「新型コロナウィルス」が、私たちの活動にも大きな影響を与えています。

    学校が休校になり今までは子どもたちや父兄が、大勢応援に来てくれましたが今回は”ゼロ”です!

    加えて朝からの雨でグランドが水浸しになり、作業が出来るか心配致しました。

     

    ■令和2年3月14日(土)13:00〜16:40

     京都市立藤森中学校

    ↑作業前の状態です。降雨量は2〜3个任垢排水が悪いので全体に水が溜まっています。

    ↑田んぼ状態の中、全員が箕とトンボで水を掬い集め一輪車で側溝へ流しました。

    コアリングを開始しました。芝生の密度が高い部分は水溜りも少ない。

    ↑雑草(スズメノカタビラ)の多い部分はコアリングを2往復かけ、出たコアは(雑草のタネが多く混じるので)グランドの外へ出しました。

    藤森中は作業時間が長いのでお茶とお菓子で小休憩です。

    ↑冬芝(ライグラス)のタネを45g/崘鼎ました。右)タネの補給中!!

    ↑タネ播きの後は目土(山砂)を芝生の少ない部分を中心に1亳で撒きました。

    | - | 10:56 | comments(0) | - | - | - |
    春の更新作業(OS)を行っています(1)
    0

      中国から始まった新型コロナウィルスが世界的に流行しています。

      日本では感染の拡大を防ぐために異例の全学校(小学校〜高等学校)休校が昨日総理大臣から要請されました。

      私たちの芝生更新作業も少なからず影響を受けそうですが、その中で春のオーバーシード作業を行いました。

       

      ■令和2年2月29日(土) AM9:00〜11:00

       京都市立嵯峨野小学校

      ↑左)グランドの芝生は昨秋から傷んだままです。

       右)ランチガーデンは多少傷みが少ないです。

      ↑左)9時半の開始に先立ちコアリングを始めました。

       右)挨拶の後、今日の作業内容をKリーダーが説明しました。

      ↑集めたコアを石灰で印を付けた低い部分に運んで入れました。

      ↑左)機械の入れられない部分は人力でコアリングを実施。

       右)その後、冬芝のタネ(ライグラス)を45g/崘鼎ました。

      ↑左)タネ播きの後ブラシでタネを擦り込みました。

       右)作業後、コーンとバーで「養生中」の表示をしました。

      | - | 10:28 | comments(0) | - | - | - |
      認定NPOの資格継続申請が通りました!!
      0

        認定有効期間更新の通知を受けて

         
                                      認定特定非営利活動法人
                                         芝生スクール京都
                                         理事長 加藤道彦

         

        令和2年2月12日付けで、当法人に対して、今後5年間の認定有効期間更新の通知を

        京都市長より受け取りました。

        平成27(2015)2月の認定取得以来の活動実績や組織運営の健全さが認められたもの

        で、会員の皆さんの積極的なご参加と学校関係者、協力企業の皆様に改めて心より感謝い

        たします。

        認定NPOであることは、企業にたとえれば上場企業であるともいえ、信用度の裏打ちと

        して、取得や維持には、かなりの労力も要しますが、事務局を中心とした日々の努力の賜

        物であったと思います。

          平素より申しておりますが、私たちの活動は、ボランティア精神にあふれた活動会員と

        協力企業様によって支えられております。 NPO活動もやりがいがあり、楽しくなければ

        継続できません。イベントや折に触れ親睦などを通じて、お互いの人となりを知り、気心

        の知れた仲間づくりが必要です。

        2021年には、当NPO法人創立20周年を迎えます。次世代の仲間づくりにも力を

        入れながら、『子どもたちの足下から緑の教育改革と環境改善を』という発足以来の理念の

        実現に向かって、今後とも地道な努力をして参りましょう。

         

        ↓京都市から受領した通知書です!!

        | - | 17:29 | comments(0) | - | - | - |
        冬の芝生を調査しています(4)
        0

          学校調査二日目、午後の部です。曇り空になりましたが温度が高めで助かりました。

          今年は暖冬の影響で各校の芝生は全般に生育が順調でした。

           

          ■令和2年1月23日(木) 13:00〜13:20

           京都市立桃陽総合支援学校

          ↑手前の部分は日当たりが悪くて冬芝(ライグラス)が弱々しい。

          ↑真ん中より上の部分は土壌改良無しで芝生化したのですが、日当たりが良いので良い芝生になっています。

          ↑真ん中部分に生育の特に悪い部分が有ります。サークル状部はアナグマが掘り返した跡を埋め戻した部分です。

           

          ■令和2年1月23日(木) 13:25〜13:50

           京都市立呉竹総合支援学校

          ↑今年の4月から校舎の建替え工事に入るので校庭芝生が半分建設資材置き場になります。

          ↑後の半分はバスが方向転換を行いますので使用できません。

          ↑約10年間、良い校庭芝生になって生徒達にも親しまれていたのですが残念ながら残り2ケ月余りとなりました。

           

          ■令和2年1月23日(木) 14:00〜14:15

           京都市立向島小学校

          ↑中庭で条件は決して良くない場所ですが冬芝は申し分ない仕上がりです。

          ↑奥の中庭部分もこんな様子です。

          ↑もっとも奥の日当りが良くない部分は芝生が少し弱い感じです。

           

          ■令和2年1月23日(木) 14:20〜14:30

           京都市立伏見南浜幼稚園

          ↑秋の更新作業後の養生期間が取れなかったのですっかり丸坊主になりました。

          ↑子どもたちが入り込まない部分には少し芝生が残っています。

          ↑子どもたちは砂遊びが大好きです。秋には園庭中央部に大きな砂山が有りましたが今はかなり低くなっていました。

           

          ■令和2年1月23日(木) 14:45〜15:10

           京都市立横大路小学校

          ↑狭い校庭で大勢の子どもたちが遊ぶので大きく剥げています。

          ↑3ケ所が特に傷みの激しい部分です。

          ↑コアリングを2回掛けているので残っている芝生の間隔は他所より狭いです。

          ↑傷みの特に激しい部分は夏芝もダメージを受けている様子です。

           

          | - | 13:14 | comments(0) | - | - | - |
          冬の芝生を調査しています(3)
          0

            学校調査二日目ですが昨夜からの雨が降り続き、昼過ぎまでは雨の中の調査になりました。

             

            ■令和2年1月23日(木) 8:25〜8:40

             京都市立藤森中学校

            ↑例年は中央部がすっかり剥げていますが暖冬の影響としっかり養生したのでまだ冬芝(ライグラス)が残っています。

            ↑グランド南東部の良い状態の部分です。中央部はマラソン走路のため剥げています。

            ↑東側からみた状態です。

            ↑例年より多めに芝生が残っています。

             

            ■令和2年1月23日(木) 9:00〜9:15

             京都市立百々小学校

            ↑更新作業後の芝刈りは行わずに冬芝(ライグラス)を伸ばしています。

            ↑グランド入り口部分は踏圧が強くかかるためネットで保護されてます。

            ↑子供たちが遊ぶため放任でも芝生が踏まれてまずまず良い状態です。

            ↑アップで見るとこんな様子です。

             

            ■令和2年1月23日(木) 9:40〜9:55

             京都市立東総合支援学校

            ↑今冬はグランド奥(写真右上部)の部分の冬芝が定着できませんでした。

            ↑夏芝のランナーが枯れて茶色に見え冬芝は有りません。

            ↑奥から見た状態です。木立の下も冬芝が十分に定着しています。

            ↑更新作業でしっかりタネを播いたので剥げの原因が良く分かりません。

            夏芝が遅くまで元気だったため冬芝が定着しなかったのか?

             

            ■令和2年1月23日(木) 10:10〜10:20

             京都市立醍醐西小学校

            ↑校長先生が先頭に立って管理されているので素晴らしい芝生になっています。

            ↑遊具周りもあまり踏圧の影響は見えません。

            ↑芝生の色も濃くてきれいな校庭芝生です。

            ↑ブランコの下部は深く削れて今日は水が溜まっています。

             

            ■令和2年1月23日(木) 10:30〜10:40

             京都市立小栗栖宮山小学校

            ↑長めに養生していたのですが子どもたちが遊んだり通行するため剥げています。

            ↑今回芝刈りは適度にされていました。

            ↑中央部の枝垂れ桜の周りは剥げています。

            竹の柵が傷んでいるのが気になりました。

             

            ■令和2年1月23日(木) 10:50〜11:00

             京都市立小栗栖小学校

            ↑教頭先生が熱心に芝刈りや管理をされているので素晴らしい状態になりました。

            ↑少し肥料の撒きムラが有るので肥料の散布を縦横にかけるようお願いしました。

            細長い校庭芝生で障害物が多い場所ですが丁寧に管理されています。

            ↑藤棚のサイド部分も良い状態です。

             

            ■令和2年1月23日(木) 11:10〜11:20

             京都市立小栗栖中学校

            ↑芝刈り直後でしたが素晴らしくきれいな芝生になっていました。

            ↑日当りが悪い校舎側もこんな状態です。

            ↑少し芝生の刈り高さが低いので芝刈機の刃高を一段上げてもらいました。

             

            | - | 10:45 | comments(0) | - | - | - |